母乳 授乳 痛み

母乳 授乳 痛み

出産直後のおっぱい事情が大変

 

 

産前は、母乳はいつのタイミングででてくるんだろう?とネットや雑誌で調べることもなくのほほんとしていました。お世話になった産院でも、母乳についての説明などは特にありませんでした。私の体に異変が起きたのは一人目の出産を終えた数時間後の夜中でした。真夜中、乳房がじわじわというか、ひりひりというか今までに感じたことがない感覚で目が覚めました。時間を増すごとに乳房が固くなってひりひり痛んできました。出産直後でまだ母子同室ではなく、たとえその場に赤ちゃんがいてもどうやって吸わせたら良いかもわかりません。実際、母子同室になっていざ授乳をしようとしても、赤ちゃんもなかなか乳首をうまくくわえられなかったり、弱々しい吸いっぷりで、満足するくらい母乳がでているのかどうか。どれぐらい吸わせたらお腹いっぱいになるのか。一度パンパンになったはずのおっぱいが、それほど張らなくなったので母乳が足りていないのではないか。などなど、母乳で育てたいと思っていた私には、産後数週間は赤ちゃんと母乳との格闘でした。

 

母乳で育てたいと考えている方の中には、様々な悩みを抱え、くじけそうになっている方もおられると思います。
母乳が出すぎる場合にはどうすればいいのか等、授乳についての悩みはこちら

 

育児中の悩みの一つに、腰痛があります。
育児はとても忙しく、こども達を抱っこするだけでもかなりの負担がありますよね。
腰痛改善に良いマットレスにはどのようなものがあるのか、この機会に知っておきましょう!

ママの食事とリラックスが一番大切

 

 

出産直後、ガチガチになった乳房を助産師さんにがっつりマッサージしてもらったら、溜まっていた母乳が驚くほど出てきました。初乳と呼ばれる栄養たっぷりの黄色味を帯びた母乳です。ちなみに、このマッサージはただでさえ痛む乳房を容赦なくもまれるので耐えなければなりません。でも、そのおかげで母子同室になってからの授乳の時に、母乳がすんなり出るようになりました。初めての授乳は、これもまた格闘でした。乳首が陥没気味だったので、赤ちゃんがくわえにくい形だったようです。でも、毎回授乳前に乳首が出るようにつまんでマッサージをすることで、徐々に乳首の形もくわえやすい形になっていきました。母子同室になってから三日ぐらいすると、初めての育児で不安や疲れが増してきたのと同時に乳房の張りも弱くなる時期がありました。それでも、毎回授乳の時間には必ず少しでも赤ちゃんに吸わせ、あとはミルクを飲ませるようにしていました。また、質素な病院食も初めは口に合わず、食欲が無い時は残していましたが、しっかり食べると母乳もしっかりでることに気が付きました。ストレスや疲れも母乳の出に影響すると聞いたので、退院後は実家の家族に頼り、のんびり育児をさせてもらった結果、徐々に育児にも慣れ、母乳も順調に出るようになりました。おかげで初めはミルクとの混合でしたが徐々に噴水のように母乳が出るようになり、あまり神経質にならず足りなそうなミルクを飲ませ、二人目三人目は完全母乳で育てることができました。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます♪


ホーム RSS購読 サイトマップ